好きなコンテンツ~青谷優子さんの朗読~

Image by Mudassar Iqbal on Pixabay

青谷さんは英語で主に日本の話を朗読していらっしゃいます。名著系が多めで現代物も少し。英語学習中に出会いました。朗読はたくさんありますが、ここでは、私の好きな作品をいくつかご紹介します。

The Tale in the Woods (石川啄木 「林中の譚」)

日本語では読んだことがありませんでしたが、迫力のあるお話ですね。

掛け合いシーンの迫力たるや、すごくよかった!青谷さんの老猿、Mr Yのヒト、Mr Hのナレーター。青谷さんはいう間でもなく、ゲスト出演(?)のお二方もめっちゃイイ声でした。

2018年3月のライブで聞きました。音源を持ってたら何回も聞いてること間違いなしなのですが、音源は出されておられないようで、「是非!是非!音源出してください!」と声を大にして言うだけは言っておきたい。

年数が経ってしまったのもあり、細部がどうとか書ける記憶がなくなってしまいましたが(苦笑)、とっても良かったです。どっかで聴けないかなぁ。再演要望です。

The Third Night (夏目漱石「夢十夜」より第三夜)

何が起こっているのか…?と引っ張っられていく感じ。考えてみれば、私好みのホラーストーリーというだけなのですが、いいですよー。このちょっとずつ情報が来る感じでさいごにドーンとね。原作(日本語)読んだことがなかったのですが、夏目氏こんな話も書いていたのですね。

ドライな読みで始まる冒頭…。青谷さんの朗読は子どものセリフの読み方がなんともいい雰囲気です。無邪気っぽい giggle(笑い声)はぞわぞわっとしますね。

とはいっても、ホラーとしてはそこまでは怖くないので、大体の人は聴けるかな?不穏な感じで、夏の夜に聴きたい作品です。

青谷さんのブックレット「Tales from Japan vol.2」に収録されています。

新幹線英語アナウンス 不機嫌バージョン

青谷さんは Twitter にいろんな朗読音源を上げてらっしゃいます。その一つです。新幹線英語アナウンス。通常バージョンもあげてらっしゃるのですが、こちらは不機嫌バージョン。

めんどくさそうな感じがたまりません!「忙しいから煩わせるな」感が前面に出てますよね、笑いました。でも、一通りのことは伝えてくれるという…。

リンク先から聴けますので、是非。

歌わないシリーズ Viva La Vida

一時期、歌わないシリーズとしていろんな曲の歌詞を読んでいらっしゃいました。

Viva La Vidaはどんな感じかと思ったら、こうなるのかーと。原曲の場合、演奏がにぎやかなので、そこまで「寂しい感じ」は出ないものの、朗読だと歌詞にある寂しい感じがかなり出てきますね!印象が変わってとても面白いです。

この時期のツイートを見るといろんな曲を読んでらっしゃるので、お時間あるときに是非。

 

朗読家 青谷優子 オフィシャルサイト

他にもいろいろ聴いててご紹介したいのはあるのですが、4本に絞ってみました。下記は公式サイトのリンクです。気になった方はどうぞ。

https://yukoaotani.jp/books/

 

雑記
OysterField
タイトルとURLをコピーしました